• 木更津ムツミ ヘルパーステーション

  • 訪問看護ステーション つくしんぼ

  • 福祉用具専門相談員

  • 研修風景

ケイ・ティ・グループ 新着情報

  • 2020年03月04日

    HRD新任研修

    こんにちは!ホームページの投稿が遅れてしまってごめんなさい。

    どのような言葉を皆さんに発信したらいいのか、日々の情報を収集しながら悩んでいるうちに時間が経ってしまいました。

    本来ならば、お子様の卒業式や入学式に際しお祝いの言葉を、
    人生のベテランさんには、代わりにシフトに入ってくださるようご協力の依頼や、春の訪れを紹介している時期ですが、

    現在現場は、混乱しながらも、本当に皆さんが頑張ってくれています。

    そんな中、私たちのできる事は、何か?

    現場では、手洗いの徹底や出勤前の検温、ご利用者の検温、必要時は、サービス内容の変更依頼など、様々な対策を行いながら、皆で頑張っています。

    新任研修も予約を貰っている方々の地域や状況により、その都度対応を変えながら、細心の注意を払い実施しております。

    とにかく、手洗い‼️
    現在はマスクも手に入りにくい状況ですが、専門家の方も言っているとおり、他者からの感染を予防するにはマスクの有無ではなく、手洗いの徹底が重要とのことです。
    手を洗うまでは、決して顔の周りを触らず、そして話す時は、万が一自分が感染していた場合に備えてマスクやハンカチで口を覆い他者への感染を防ぐ、というように対策するしかありません。

    そんな中、時折、事業所を回ってびっくりするのは、皆が心中は不安で一杯のはずなのに「いつもに増して皆さんが明るくしている」という事です😂
    やる気が満ちているというか!😍

    皆の顔を見ていると、なんか手伝わなきゃと、風評被害で売り切れているトイレットペーパーを探し回って事務所に届けたり、

    消毒液の代用をどう手配できるか等、本社のスタッフも一緒に頑張っています。

    今回の件は、大変な事ですが、皆の結束力が強まっていく気がします😊

    みんな❗️頑張ろうね‼️👍🤝💕

  • 2020年02月03日

    KT五井が移転いたしました。

    「KT五井ヘルパーステーション」及び「ケイ・ティ・サービス居宅介護支援事業所」が、

    前住所:
    市原市西五所7-10より

    新住所:
    〒290-0054
    千葉県市原市五井中央東1-15-9 齋藤ビル2階

    に移転いたしました。

    今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

  • 2020年02月03日

    HRD新任研修

    こんにちはー🎵
    もう2月!節分ですねぇ😁
    「鬼は外❗福は〜家❗️」と、大きい声で豆まきをしても、テレビで報道されているコロナウイルス等、見えない菌に対して私達が出来る事は念には念を入れて撃退対策をしなければいけません☝️💡

    まず感染しないのが一番ですが、万が一ご家族等が感染して保菌者になってしまったとしても、感染媒体になってはいけないのです❗
    その為には、今私達が出来る事、すなわち、手洗いとうがい、手指消毒をこまめにしっかりと行うこと。
    そして、万が一、保菌者になってしまっても他の人にうつしてしまわないようにマスクを着用することです☝️💡

    HRDS便りの今月号にも手洗いの基本を載せました。
    いつもの自分の手洗いが正しく出来ているか、再確認して下さい🤔
    見るだけではなく、是非一度やってみると、いつもの自分の手洗いがいかに足りないか気付くことができ、現場で手洗いするときに自然に丁寧になるはずです。
    一週間に一度、手本を見て実施する機会を持つと、習慣として身につくと思いますよ!
    少しでも丁寧に❗効果のある手洗いをしましょう❗

    ただ…利用者様を訪問する際のマスクの着用には、ひと工夫が必要です🤔✨

    マスクを着けたままのご挨拶や会話は、利用者様に不安や不信感を与えてしまうおそれがあります。
    例えば、自分の家に、顔もうっすらしか覚えていない人がマスクでこんにちはーって入って来たら、知ってる人だとすぐわかりませんよね😅
    そして、信頼できていない人に体を預けたり、家の奥まで入ってこられるのは、利用者様のストレスになってしまいます。

    したがって、初めて伺う利用者様には、新人もベテランも、マスクを外してお顔をお見せした上で、ご挨拶できることが理想です。

    一方で、感染症のニュースが流れているこの時期に、マスクを外して挨拶されることもまた、利用者様にストレスを与え、また実際に感染のリスクを生じさせるおそれがあります。

    そこで、私の提案としては、

    ①まずマスクをしてハッキリとご挨拶し、
    ②その後に一度マスクを下げ、しっかりと顔をお見せして、
    ③マスクを戻してから「インフルエンザ予防の為、マスクをさせていただきますね」とお伝えし、サービスに入る。

    という流れが良いかと思います☝️

    事業所でも、所長さん管理者さんが考えるご挨拶の方法、マスク着用の注意点があると思います。
    皆さん一度確認してみてくださいね💡

  • 2020年01月17日

    HRD新任研修

    こんにちはー🎵
    暖冬とはいえ、朝夕は冷えますね⛄️✨
    早朝・夜間の現場に出られる方は、気温差には十分お気を付けてくださいませ🙇

    さて、ここ数ヶ月、特に耳にしたことがあります。
    前からもそうだったんだとは思いますが、当グループから同じ初任者研修に通っている方と友達になり、今も連絡を取り合っているという話が出る事が多いです。
    そんな時は、グループ内で合同研修があるから、同窓会みたいな感じで再開できるね!なんて話すこともあります。
    各市町村に1つ~5つの事業所がありますので、当グループの事業所から初任者(ヘルパー)の研修に行ってもらう場合は、わりと同じ教室に通うことが多いようです。
    皆さん、
    「うちの事業所は今こんな感じ❗」
    「私は、今一日三件くらい訪問してるよ!」
    等色々情報交換しているようですよ❗😁
    事業所内の先輩に相談出来るのが一番いいですが、人間関係が出来るまでは、事業所外でも相談できる先があるのっていいですよね❗😊
    勿論❗守秘義務がございますので、利用者様の事を話してはいけないのは皆さん理解してくださっています。
    「サービスでこんな時はどうしてる?」「誰に相談してる?」等、新任さんならではの悩みを話し合うことが多いようです。
    そうすると、同じ思いだった方は、ほっとしたり、勇気を持って相談したりが出来るようですね❗

    新任さんに1つアドバイスがあります💡
    新任さん同士の相談は、どんどんしてくださるのが良いと思いますが、最終の判断は事業所のサービス提供責任者や管理者、所長さんに相談してからにしましょう❗
    各市町村によって介護保険の制度の判断が微妙に違ったり、地域性もあるようですので、各事業所の指示やアドバイスもそれに応じて多少異なる場合があります。
    そして、利用者様おひとりおひとりの状況によっても判断が違ってくる場合もあります。
    ですから、あくまでも最終的な相談は提供責任者以上に確認をとってから💡ということを念頭においていただくと、混乱しないですむと思いますよ!
    わからないこと、不安なことは一人で悩まず、すぐに共有して解決しましょうね😊✨

  • 2020年01月06日

    HRD新任研修

    あけましておめでとうございます。
    皆さんはどんな新年を迎えましたか?
    年末年始を現場で過ごした方は、本当にありがとうございました❗
    利用者様もきっと喜んでくださったと思います🙇これから、休み交代してゆっくり休んで下さいませ🙇

    また、年末にお仕事を頑張って、たまった家事を年始になさった方もいらっしゃるかもしれませんね❗
    私も現場に出ていた頃は、親戚が年始に来る前の元旦に慌てて掃除機をかけていましたね~😁

    今年は、来客を待ってる間に、ビデオを見ていたのですが、そのビデオで、「どんな時にも感謝のありがとうを忘れない」事が大切だというビデオを見ていました。
    「あ~、その通りだな❗️」と日々の自分を振り返ってしまいました。
    どんなに嫌なことでも、大変な事があっても、何処かに「ありがとう」を探せると、苦しみや悲しみが和らぎ、優しく暖かい気持ちになれるそうです❗
    皆さんは、日々「ありがとう」と言えたり、心に抱いたりはできていらっしゃいますか?
    私は、今年は「感謝」の気持ちをあらためて持ちながら、現場の皆さんや新任さんに関わって行こうと思います❗

    今年も皆さんにとってよい年でありますように❗
    また、良いことばかりではないとは思いますが、そんな時にも「💖」が感じられますように❗✨

    さー皆さん❗️1年のスタートです❗
    頑張っていきましょう‼
    宜しくお願い致します🙇
    えぃ!えぃ!おー(^o^)!✨

ケイ・ティ・グループの新着情報一覧はこちら

介護に携わるスタッフを大切に

介護という仕事は、人の手で行うお仕事です。温かな気持ちで、愛情のこもった手で介護を行うためには、介護する人自身もまた豊かな心をもち、幸せを感じていなければなりません。

私たちは、介護の現場で働く人たちもまた幸せでいられるような職場作りを目指しています。